札幌学院大学のHP

 

札幌学院大学総合研究所

公開データについて

  公開データが追加されました

調査データの入手方法と
手続きは こちらから
 

Jafcof:産炭地研究会のHP

 

研究会報告(WS)・報告書・レビュー論文

・2010年3月 『研究会報告』「社会調査史の博物館」としてのリージョン拠点データーカイブの構築の成果と課題
 『社会情報』p99-101

・2010年3月 札幌学院大学SORDプロジェクト 
北海道における社会調査の水脈ー戦後復興期から1970年代までー
→お問い合わせはSORD事務局(sord.of@sgu.ac.jp)へ

・2009年12月 札幌学院大学SORDデータアーカイブ 「夕張調査」資料集成ー布施鉄治編『地域産業と階級・階層』(1982)調査関係資料コレクションー 
→お問い合わせはSORD事務局(sord.of@sgu.ac.jp)へ

・2010年3月 『研究会報告』 空知炭鉱遺産の炭鉱資料の保存とアーカイブに関するワークショップ 『社会情報』vol.19(2)p121-165
→WSについてはこちらから

・2009年5月 中澤秀雄・西城戸誠・大國充彦・新國三千代・小内純子・高橋徹・祐成保志・新藤慶
社会調査のアーカイブズ学」の必要性―札幌学院大学SORDが取り組んだ「夕張調査資料集成」作成経験からの提言―『理論と方法』vol.24(1)p121-127

・2009年3月 『研究会報告』 「南ウェールズと北海道の旧産炭地の再生に関するワークショップ」 『社会情報』vol.18(2)p33-96
→WSについてはこちらから

・2009年3月 『研究会報告』 斎藤康則 「布施教授資料再構築のためのSGUアーカイブ活動の紹介」 『社会情報』18(2)p97-103
→WSについてはこちらから

・2008年12月 『研究会報告』 「布施・夕張調査関連資料の再解釈に向けて」『社会情報』vol.18(1)p85-115
→WSについてはこちらから

・2007年12月 齊藤康則 社会学的質的データのデジタル・アーカイブ方法論・序説ー北海道大学・布施鉄治グループによる
炭都・夕張調査に即してー 『社会情報vol.17(1)』齊藤康則p17-33

・2007年12月 庄司知恵子 布施グループ・夕張調査データのテキスト化における「入力ルール」生成過程の記録ー社会学的質的データの定型性と再現性をめぐってー『社会情報vol.27(1)p35-46 

・2007年3月 『研究会報告』 「構造分析」の調査を振り返って 『社会情報』vol.16(2)p103-154
→WSについてはこちらから

・2006年12月 『研究会報告』 「実証主義の伝統‐20世紀後半(1947年~1997年)の北大文学部社会学研究室の場合‐『社会情報』vol.16(1)
→WSについてはこちらから

・2005年12月 『研究会報告』 「社会構造分析の方法」‐室蘭調査を中心に‐ 『社会情報』vol.15(1)p99-148
→WSについてはこちらから

・2005年6月 中澤秀雄・新藤慶・西城戸誠・新國三千代・大國充彦・小内純子・祐成保志・高橋徹「北海道における「社会調査の社会調査」を目指して」北海道社会学会第53回大会(北海道教育大学札幌校)報告

・2005年3月 『研究会報告』 西城戸誠・小内純子・中澤秀雄・大國充彦・新國三千代「社会調査からみる北海道資本主義史-SORD北海道プロジェクトの準備状況報告をかねて-」『社会情報』vol.14(2)p293-317
→WSについてはこちらから

・2005年3月産炭都市夕張の社会学的研究ー布施鉄治編『地域産業変動と階級・階層』の知識社会学的検討を中心としてー 『社会情報』vol.14(2):p319-331 新藤慶

・2004年12月『研究会報告』 「グローカリゼーションとは何か‐北海道から考える‐」『社会情報』vol.14(1)p125-175
→WSについてはこちらから

・2004年3月 中澤秀雄・西城戸誠・新國三千代・大國充彦・高橋徹・祐成保志「北海道社会調査データベース作成の理念と方針」『社会情報』vol.13(2):p191-218.