札幌学院大学のHP

 

札幌学院大学総合研究所

公開データについて

  公開データが追加されました

調査データの入手方法と
手続きは こちらから
 

Jafcof:産炭地研究会のHP

 

お知らせ

SORDデータ・アーカイブの利用は、以下に示した「利用規程」にしたがいます。また、本サイトへの情報掲載は、「WWW掲載・閲覧要領」にしたがって行っています。
基本的に、検索機能は、メールアドレスさえ提供いただければどなたでも利用可能です。そこから進んで、本データ・アーカイブのデータ収集・管理・提供機能を利用したい方は、必要に応じて事務局までご連絡下さい。

「社会・意識調査データベース(SORD)」利用規程


  1. 利用資格
 原則として大学等の社会学研究者とする。ただし,データ提供者が認めた場合はそれ以外の研究者・大学院生も対象とする。

  2.データの利用
本データベースの利用は、学術研究および教育利用のみに限定する。  利用方法は下記の通りである。


(1)調査概要データの利用
報告書または「社会・意識調査データベース」ホームページ上で検索・閲覧することができる。

(2)素データの利用
素データとは、「素データ作成フレームワーク」(SORD方式)に従い、調査データを編集・加工したものである。素データを利用する際には、下記の規定に従うものとする。

1)素データの利用は、学術研究・教育利用に限定する。

2)本組織で定める所定の様式に従い、本事務局宛に利用を申請する。


3)利用を申請した者のみが利用できる。


4)素データの複製および第三者への譲渡を禁ずる。


5)素データの提供者が利用する際の条件(または注意)を指定した場合は,その条件を遵守する。


6)素データを用いて報告書や論文等の執筆を行う場合、素データ提供者名および素データの入手先(「社会・意識調査データベースSORD作成プロジェクト」事務局)を明記し、素データの提供者が当該データについてまとめた文献に言及することを義務付ける。教育で利用する場合は,実習報告(記録)等に提供者名および入手先を明記することを義務付ける。


7)論文や報告書(実習報告等も含む)を作成したときは、その印刷物2部を「社会・意識調査データベースSORD作成プロジェクト」事務局に送付する。内1部は素データの提供者に送付するものである。


8)データの利用期間は原則として申請の日から1年以内とする。延長する場合は,(3)にしたがい再利用の手続きをする。


9)使用後は、速やかに素データを消去する。


(3)素データの再利用
1年を越えて利用したい場合には、使用期限前に当プロジェクトの定める再利用申請書を提出し、許可を得なければならない。


 3. 料金
当分無料とする。

社会・意識調査データベース(SORD)作成プロジェクト

(1993年10月制定)

(1998年10月改訂)

(2002年07月改訂)



公開データセット一覧へ戻るにはこちらから

公開データ利用申請フォームへ戻るにはこちらから